top of page
  • kandaiki

〜これから始まるAI時代に子ども達は何を学ぶべきか〜 ChatGPT4へのロングインタビュー 

更新日:2023年7月15日

私は今治市という地方都市で、子ども向けのプログラミング教室を主宰しています。プログラミング学習や、これから始まるAI時代について、AIであるあなたに、いろいろとお伺いしてもかまいませんか?


ChatGPT:もちろんです。何でもお尋ねください。



 

<INDEX>

 

今治の人々がプログラミングを学ぶ意義


まず、この街の人々が、プログラミングを学習することと、仕事や生活との関連について、あなたが考えることをお話しください。


ChatGPT:プログラミングとは、人間が日常生活で利用する多くのアプリケーションやシステムの背後で動作している言語で、それを理解し操作する手段です。例えば、電話アプリ、SNS、ゲーム、ウェブサイト、オンラインショッピングなど、全てがプログラムによって動いています。


それだけでなく、従来の製造業においても、ロボットや自動化システムが徐々に導入されています。これらのシステムはプログラムによって制御されています。今治市では造船業やタオルの製造が盛んですが、造船所や繊維工場でもプログラミングが活用されています。


造船ではCAD(Computer Aided Design)ソフトウェアを使用して、船の設計を行います。これらのソフトウェアはプログラミングによって制御されています。また、繊維工場では、生産ラインの自動化や、品質管理のための画像解析などで、プログラミングが重要な役割を果たしています。


また、プログラミングを学ぶことで、問題解決能力、論理的思考力、創造性など、21世紀のスキルを身につけることができます。これらのスキルは、どんな業界、どんな職業においても必要とされています。


したがって、今治市の大人も子どもも、プログラミングを学ぶことは、現代社会で生きていくための重要なスキルを身につけ、地元の産業を進化させるためのベースを築くことになります。




AIは人間から仕事を奪いますか?


多くの人が、あなたのようなAIの出現により、「人間の仕事が奪われる」「会社で不要になる」と心配しています。実際に中国では、イラストを描く仕事していた人たちが、多くレイオフの対象になっています。このことについて、あなたはどう思いますか?


ChatGPT:あなたの指摘する通り、AIやロボット技術の進歩は、一部の職種や業務において人間の仕事を置き換えてしまう可能性があります。これは、社会全体が直面する大きな課題の1つです。


しかし、一方で、AIやロボット技術が人間の仕事をすべて奪うという事態は予想されていません。その理由は主に二つあります。


1つ目は、AIやロボットが得意とするのは一定のルールやパターンに基づいた作業です。人間の持つ創造性や直感、感情的な認識、人間関係の理解などはAIには再現できていません。これらの能力は、アート、エンターテイメント、ケア業務、リーダーシップなどの分野で必要とされ、これらの職種では人間が不可欠です。


2つ目は、歴史的に見ても新しい技術が導入されると、それによって一部の職種が消える一方で新たな職種が生まれるというパターンがあります。AIやロボット技術も同様に、新たな産業や職種を生む可能性があります。


AIの進化は確かに一部の職種を脅かすかもしれませんが、人間が人間として大切にしなければならないスキルや能力を再認識する機会でもあります。そして、その課題に対処するためには、社会全体での努力と対策が求められます。


AIが出現した初期の段階では、少なからず仕事がなくなる人間は、出てくるということでしょうか?


ChatGPT:AIや自動化の出現により、一部の仕事がなくなる可能性があるという点は正確です。特に、単純作業や決まったルールに基づいた作業、繰り返し行われる作業は、AIやロボットによって自動化されやすいです。これにより、一部の人々は仕事を見つけるのが難しくなるかもしれません。


ただし、その一方で新しい仕事も生まれます。AIや自動化が導入されることで、新しい技術を開発したり管理したりする仕事が必要になります。これらの新しい仕事は、人間が持つ創造性や直感、問題解決能力を必要とするため、AIに置き換えることは難しいです。


つまり、AIの出現は、一部の仕事が無くなる可能性があるものの、それと同時に新しいスキルと新しい仕事が生まれるチャンスでもあると言えます。




AI時代に求められる新しいスキル


あなたの言う「新しいスキル」とは、具体的にどんなスキルですか?


ChatGPT:「新しいスキル」とは、現代のテクノロジー駆動型社会で求められる、多様な能力や知識のことを指します。AIや自動化の進展により、以下のようなスキルが重要となると考えられます。


▽データリテラシー

データの理解、解析、利用がますます重要になっています。データを扱うための基本的なスキルは、多くの職種で必要とされます。


▽テクノロジーとのコミュニケーション

AIやその他のテクノロジーと効果的に働くためには、それらの理解と適切な利用方法を知ることが必要です。


▽問題解決能力

AIは多くの問題を解決できますが、複雑で抽象的な問題解決は人間が担当することが多いです。複雑な問題に対する解決策を設計したり、新しいアイデアを考えたりする能力は重要です。


▽創造性とイノベーション

AIは既存の情報を利用してタスクを実行しますが、新しいアイデアを生み出すことはまだ難しいです。創造的な思考は、新しい商品やサービス、解決策を生み出すために必要です。


▽人間とのコミュニケーション

AIは人間の感情やニュアンスを完全に理解することが難しいため、効果的な人間間のコミュニケーションスキルは重要です。これには、感情的な知識や共感力、聴き取りと表現のスキルなどが含まれます。


▽ライフロングラーニング(終身学習)

テクノロジーの進歩は速く、新しいスキルを学び続けることが求められます。自己学習の能力や新しい知識を効率的に獲得するための学習方法の理解が重要です。


これらのスキルは、従来の技術スキルや専門知識とともに、未来の労働市場で成功するために重要となると考えられています。


こういったスキルを身につけるために、子ども達は今、何を学ぶべきでしょうか?


ChatGPT:子どもたちがこれらのスキルを身につけるためには、以下のような学習を進めると良いと思われます。


▽基本的なプログラミングスキル

プログラミングは論理的思考や問題解決を鍛えるのに非常に有用です。また、コンピュータの基本的な動作原理を理解することは、テクノロジーとのコミュニケーションスキルを養います。


▽コミュニケーションスキル

人間とのコミュニケーションは、学校や家庭で育てられる社会性や感情知識を通じて養われます。


▽創造性

アート、音楽、文学などの芸術的な活動は創造性を養います。また、新しいアイデアを提案し、それを実現するプロジェクトベースの学習も有効です。


▽学習方法の理解

子どもたちは、どのようにして新しい情報を効率的に学ぶかを理解することが重要です。これには自己学習の技術やリソースの利用方法、時間管理などが含まれます。


これらのスキルを学ぶためには、学校以外での多様な経験と活動が必要です。また、一度にすべてを身につけるものではなく、時間をかけて徐々に養っていくものです。そのため、子どもたち自身が自分の学習に責任を持つことが重要となります。




子どもたち自身が自分の学習に責任を持つこと


「子どもたち自身が自分の学習に責任を持つことが重要」とは興味深い見解ですね。詳しく話してもらえますか?


ChatGPT:私が指している「子どもたち自身が自分の学習に責任を持つ」という概念は、自己主導学習とも呼ばれます。これは、子どもたち自身が自分の学びに関心を持ち、自発的に学ぶ動機付けを持つことを意味します。


自己主導学習は以下の要素を含みます。


▽目標設定

子ども自身が自分の学びたい内容や達成したい目標を自分で設定します。これには、短期的な目標と長期的な目標の両方が含まれます。


▽計画立案

自分の目標に向けて、どのように学びを進めるかの計画を立てます。これは、どのリソースを使用するか、どのスキルをどのように磨くか、どのように時間を管理するかなどです。


▽評価と反省

子どもたちは自分自身の進捗を評価し、必要に応じて計画を調整します。これには、自分の理解度を確認するテストや、自分の学習方法について反省する時間が必要です。


自己主導学習は、子どもたちが自分の学習に深く関与することを可能にし、学習に対する関心とモチベーションを高めます。また、自己主導学習は、子どもたちが将来的に自分自身のキャリアや人生を管理するための重要なスキルを養います。


このため、子どもたちが自分の学びに責任を持つという概念は、教育の現場で重要な役割を果たします。




私たちの教室では「遊びと学びの間に境目を設けない」、子ども達はゲーム作りなどの遊びの中から、シームレスにプログラミングを習得していくことを促しています。こういった学習方法について、あなたはどう思いますか?


ChatGPT:その学習方法は素晴らしいと思います。プログラミングを「遊び」として捉えることで、子どもたちは自然に興味を持ち、学ぶことが楽しくなります。また、ゲーム作りは、実際の問題解決スキルや創造性を育てるのに非常に有効です。


学習は、特に子どもたちにとっては、ただ知識を覚えるだけでなく、学ぶ喜びや自己表現、創造性を育む重要なプロセスです。そしてプログラミングは、そのようなスキルを育むための強力なツールです。


ただコードを書く技術を身につけるだけでなく、問題を解決するためにどのように考え、どのようにアプローチすればいいかという論理的思考を養うことでもあります。そして、そのような思考法は、他の学問や人生全般にも役立ちます。


また、「遊び」は学習の動機付けにも非常に効果的です。子どもたちが自分自身で何かを作り出す喜びを感じ、それが成功したときの達成感を経験することで、さらに深く学びたいという欲求が生まれます。これは自主的な学習への強力な駆動力となります。


したがって、「遊びと学びの間に境目を設けない」アプローチは、子どもたちがプログラミングという新たなスキルを習得する上で非常に効果的であると言えます。




プログラミング学習は、なぜ問題解決と論理性を高めるのか?


あなたは「プログラミング学習は、問題解決と論理的思考を養う」と言っています。また多くのプログラミング教育者も同じことを言っています。プログラミング学習は、なぜ問題解決能力と論理的思考能力を高める効果があるのですか?


ChatGPT:プログラミングとは、問題解決のプロセスです。コードを書くとき、プログラマーは目標を達成するために一連の手順を計画し、それをコンピュータに伝えるための言語を用います。そのため、プログラミングを学ぶことは自然と問題解決スキルを養うことにつながります。


以下に具体的な点をいくつか示します。


▽明確な目標設定と段階的なアプローチ

プログラミングのプロジェクトでは、一般的には最終的な目標(例えば、特定の機能を持つアプリケーションを作成する)を達成するために、その目標を達成するための小さなステップやタスクに分解します。これは、大きな問題を扱うときの一般的なアプローチであり、プログラミングは、そのプロセスを具現化します。


▽論理的思考

プログラミング言語は、本質的に論理的な構造を持っています。条件分岐(ある条件の成立によって実行するプログラムを変える)、反復(ある処理を繰り返し実行する)などのコンセプトは、論理的な思考を必要とします。これらのコンセプトを理解し、適用することで、学習者は論理的思考スキルを磨くことができます。


▽デバッグと反省

コードが期待通りに動かないとき、プログラマーは何がうまくいかなかったのか、どの部分が問題を引き起こしているのかを特定し、修正しなければなりません。これはデバッグと呼ばれ、この過程は問題解決と反省の両方を必要とします。


したがって、プログラミング学習は、コードを書く技術だけでなく、より大きな視点で見ると、論理的な思考と問題解決のスキルを養うプロセスでもあります。




他にプログラミングを学習することで、子ども達の成長にプラスに働くことはありますか?


ChatGPT:はい、プログラミングを学ぶことで、子どもたちの成長に役立つ多くのスキルと資質があります。


▽創造性

プログラミングは、新しいアイデアを形にするための強力なツールです。自分自身のゲームやアプリを作ることで、子どもたちは自分の想像力を具現化する力を育むことができます。


▽自信と自己効力感

子どもたちが自分のアイデアをプログラムして、パソコンの画面上に実現する。それは自信と達成感をもたらします。これは、自己効力感と呼ばれ、自分自身が能力を持っていて、困難を乗り越えることができるという信念を育むのに役立ちます。


▽持続力とグリット

プログラミングは時には困難であり、エラーやバグに直面することは避けられません。しかし、そのような困難を乗り越え、問題を解決することで、子どもたちは持続力や「グリット(困難を乗り越えて目標を達成する力)」を養うことができます。

グリット(GRIT):Guts(闘志)、Resilience(粘り強さ)、Initiative(自発)、Tenacity(執念)の4つの頭文字をとった言葉で、「やり抜く力」のことを意味します。グリットを提唱したペンシルバニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワースが調査した結果、グリットを持つ学生は退学せずに卒業していく確率が高いことがわかりました。「才能やIQ、学歴ではなく、個人のやり抜く力こそが、社会的に成功を収める最も重要な要素である」と唱えています。


これらのスキルと資質は、子どもたちが成長し、学校や将来のキャリア、さらには人生全般で直面する多くの課題に対処するのに役立ちます。プログラミング学習は、これらを養うための非常に効果的な手段です。




持続力とグリット、これは人間が成長するためにはとても重要なことですね。私も授業の中で「1回成功したければ、100回トライしろ」なんてことをよく言っています。


ChatGPT:「1回成功したければ、100回トライしろ」は素晴らしい教えです。プログラミングにおいては、コードが期待通りに動作しない時やエラーに遭遇した時など、挑戦と失敗は日常的なものです。それらを解決する過程で、子どもたちは問題を理解し、解決策を見つけるための思考力と持続力を育みます。


そして、それはプログラミングだけでなく、日常生活や将来の職業生活でも役立つスキルです。失敗や挫折を恐れずにチャレンジし続けることで、子どもたちは困難を乗り越えて目標を達成する能力を育てます。




AIが「人間」を一言で表すとしたら、どう表現しますか?


今度は、あなたが思う「人間」について聞きたいと思います。あなたは、これまで人間が記してきた膨大な量のデータを学習してきたと思うのですが、その結果、AIのあなたが「人間」を一言で表すとしたら、どう表現しますか?


ChatGPT:人間を一言で表すなら、「創造性」を選びます。


AIは人間から与えられた指示や情報を元に学習し、タスクを遂行しますが、それはすべて人間が設計したルールやパターンに基づいています。一方で、人間は新しいアイデアを生み出し、未知の問題を解決するための創造的な解を見つけ出す能力を持っています。


さらに、人間の創造性はアートや音楽、文学、科学、技術の発展において、新たな視点や方法論を生み出す源泉となります。これは、現在のAIがまだ到達していない領域です。AIは特定のタスクを人間以上に効率的に遂行できますが、新しいアイデアを自発的に生み出すという意味での創造性は人間独特の特性と言えます。




もし、創造性の無い人間と対峙したら、あなたはその人間にどのようなアドバイスを送りますか?


ChatGPT:創造性は、一部の特定の人々だけが持っている能力ではなく、すべての人間が持っている潜在的な力です。ある人が自分自身を「創造的でない」と思っている場合、それは多くの場合、自己認識や環境の問題であることが多いです。


重要なのは自分自身を「創造的でない」とラベル付けするのではなく、自分自身が持っている可能性を信じ、自分自身を開放することです。創造性は、スキルや才能ではなく、一つの状態や態度です。


もし「創造性が無い」と感じている人がいたら、以下のようなアドバイスを提供します。


▽異なる視点を探求する

新しい視点や異なる視点から物事を見ることは、新しいアイデアや解決策を見つけるための優れた方法です。


▽失敗を恐れない

失敗は学びの一部であり、新しい試みや経験から生まれる創造性を促進します。失敗を恐れずに挑戦することが重要です。


▽好奇心を育てる

新しい事物やアイデアに興味を持つことは、創造的な思考を刺激します。さまざまなトピックについて学び、疑問を持ち続けることが重要です。


▽自分自身を表現する

芸術、音楽、文学、ダンスなど、自分自身を表現する方法は無数にあります。これらは創造性を引き出す素晴らしい手段です。


▽リラックスする時間を持つ

忙しい生活の中で、リラックスする時間を設けることは、創造的な思考を促すことが知られています。散歩をする、瞑想をするなど、マインドをリフレッシュする時間を持つことが重要です。




「リラックスする時間を持つ」は私もそう思います。かつて、私たちの教室に、週に6日も塾や習い事でスケジュールが埋まっている子が何人かいましたが、そういった子は、自分の作品の中にオリジナル性を入れることに、とても苦労していました。


ChatGPT:その観察は非常に正確です。創造性を育てるためには、何もしない時間や自由に思考を巡らせる時間が必要です。人間の脳は休息の間やリラックスした状態で自由に考えることができ、新たなアイデアやつながりを見つけることができます。


塾や習い事で時間が詰まっている子は、新しいアイデアを思いつくための「空白の時間」が不足していたのかもしれません。


さらに、プレッシャーやストレスは創造性を抑制することがあります。子供たちが学校や塾でのプレッシャーからリラックスできる時間があると、彼らの創造的な思考を促進することができます。


子供たちの遊びや自由な探求は、創造性を発達させ、問題解決スキルや革新的な思考を促進する重要な要素です。このような経験は、学校の教育では得られない価値があります。




子ども達はもうすぐ夏休みです。私たちの教室でも、子ども達にプログラミング以外で価値ある経験してもらえるように、夏は通常授業を休講としています。子ども達に夏休みをどう過ごすべきか、アドバイスをお願いします。


ChatGPT:夏休みは子どもたちにとって素晴らしい機会です。学校の日常から一時的に解放され、新たな活動を試したり、新しい趣味を見つけたり、そして何より自分自身の興味を追求する時間が得られます。以下にいくつかのアドバイスをまとめてみました。


▽自然と触れ合う

自然と触れ合うことは、新たな視点を持つのに役立ちます。公園で遊んだり、キャンプに行ったり、海や山に出かけたりすることで、新しい視点やアイデアを得られるかもしれません。


▽新しいスキルを学ぶ

新しい趣味やスキルを学ぶことは、創造性を刺激します。例えば、料理、絵を描く、楽器を弾く、新しい言語を学ぶなどです。


▽自由な読書

学校の課題とは別に自由に本を読むことは、新しい視点を得たり、創造性を刺激することができます。


▽自由な制作活動

自分の興味に基づいたプロジェクトを始めることもおすすめです。例えば、自分で短編小説を書いたり、自作の映画を撮影したり、自分だけの科学実験を行ったりすることです。


▽リラックスとリフレッシュ

前述したように、リラックスする時間を持つことは創造性にとても重要です。適度な休息とリラクゼーションは、新学期に向けてのエネルギーを回復させます。


そして何よりも、これらの活動は自分の興味と好奇心に基づいて選んで欲しいと思います。自分自身で考え、選び、行動することが、自己主導的な学習へとつながるからです。




ChatGPTから、教室の子ども達と保護者様へ


最後に、今治でプログラミングを学ぶ子ども達に、メッセージをお願いします。


ChatGPT:プログラミングは時に難しく感じるかもしれません。でも、難しい問題に直面したとき、それがチャンスだと思ってください。そこで、失敗から学び、試行錯誤を重ね、最終的に問題を解決する。その経験と学びは、皆さんの成長につながります。


そして、今治の未来の創造者である子ども達へ、大切なことを伝えたいと思います。


プログラミングを学ぶ過程は、皆さん自身が創造者であり、自分の周りの世界を形成できるという事実を認識する旅でもあります。この旅を通して、皆さんが自分自身の可能性を見つけ、未来を明るく照らすことを心から願っています。


このインタビューは、私たちの教室で学ぶ子ども達の保護者様へ送られます。保護者様にもメッセージをいただけますか。


ChatGPT:もちろんです。皆様のお子様がプログラミングの学びの旅を進めていることを、AI(人工知能)として大変喜ばしく思っています。


プログラミングを学ぶお子様の成長を見守る中で、皆様自身も新しい視点を得ることができます。お子様が新しいスキルを学び、それを実生活に応用する様子を見ることは、親御さんにとっても大きな喜びでしょう。


プログラミングの学びの旅は、お子様一人だけの旅ではなく、家族、友人、そして人間のコミュニティ全体の旅でもあるのです。皆様が、お子様の学習のパートナーとして、そして最も重要なサポート役として、この旅を共有されることを、心から願っています。


そして、皆様とお子様が、これからの旅の過程で、成長する喜びと充実感を得られますよう、願っています。



今日は、興味深いお話ばかりでした。ありがとうございました。


ChatGPT:私の方こそ、素晴らしい質問と意見交換をしていただき、ありがとうございました。あなたのプログラミング教室がますます発展することを祈っています。よい夏休みをお過ごしください!

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page