top of page

今治を卒業する人へ 2024 

更新日:3月31日

山に囲まれた小さな街に18歳まで住んでいた。市街地の端から端まで、自転車で30分くらいで行けてしまうような、小さな街だった。


夏に空は青く光り、雪が降る冬は墨絵の世界になる。春には山が萌黄色に染まり、それが秋なると燃えるように紅葉した。四季のどれもが色こく、美しい場所だった。


ただ、多くの若者がそうであるように、十代の頃の自分も、自然の美しさよりも都会の刺激を求めた。「高校を卒業したら、こんな田舎から絶対に出て、東京に行く」そればかり考えていた。


念願かなって、卒業と同時に東京の大学に進学した。


転がるような東京の生活は、楽しかった。

でも、ある日「東京は、もういいな」と感じていた。

20年が過ぎていた。


その後、半年かけて日本中を旅した。

コンビニ、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア。

どこに行っても、街は同じだったけど、この国の自然は、本当に美しかった。


ビルに囲まれた都会で20年間暮らしたからこそ、より自然の有り難みに気づいたとも言える。


僕は、今治に来て8年になる。



みんなは、この街の卒業していく。

戻ってこいとは言わない。いろんな場所に住み、自分が幸せだと感じるところで暮らせばいい。


年齢によっても住みたい場所って結構変わるものです。



卒業、おめでとう。




閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page