top of page
  • kandaiki

今治を卒業する人たちへ

更新日:2023年3月27日


桜が咲く頃になると、思い出す気持ちがある。「四月物語」という映画をご存知だろうか。監督は「Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二で、北海道から上京したばかりの女子学生が、戸惑いながらも新しい街での生活をはじめる日常を描いた1998年の作品だ。大学進学のため、故郷を離れて東京で一人暮らしを始めるヒロインを、20歳の松たか子が演じている。70分の短いストーリーの中で、いつか見たことがあるような四月の風景と、誰もが新生活の最初に感じる心の動きが、桜の舞う穏やかな光の中に表現されている。 


僕も高校を卒業した数週間後、大学へ進学するために上京した。初めて借りたアパートは、桜並木の通り沿いにあった。桜が満開の街の風景は、雪国からやって来た僕に「遠くに来たんだ」と思わせた。



知ってる人が一人もいない街で、初めての一人暮らし。これから自分が、この街で何者になっていくのか、自分にも分からない。そんな期待と不安が入り混じる気持ちでベランダから見下ろした通りの風景は、行き交う様々な人々が桜の花と一緒になって、モザイク画のように見えた。



みんなは今治を巣立っていく。僕は戻って来いとは言わない。むしろ、将来も住む場所は今治以外を選んでも構わないと思っている。人によって合う土地は違う。大人が押し付けるものでもない。いろんな場所に住んで、いろんな人と出会って、自分が幸せだと感じるところで暮らせばいい。


「今治には何もない」と感じてきたかもしれない。だからこそ、何もないところでも、何かを生み出せるチカラを、これから身につけてほしい。もし、そうする事ができたら、いつかこの街で挑戦してみるのもいいと思う。


卒業、おめでとう。


閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page